2018年11月14日

ブロリレ★2018K

こんにちは。ブロリレ12回目で紹介する本は『ピクトさんの本』です。

ピクトさんとは、工事現場や道路、デパートなどで見かける看板や標識、注意書きに書かれている人型のイラストです。みなさんが一番想像しやすいのは非常口の標識に書かれている緑色のイラストでしょうか?その標識に描かれている人がピクトさんです。

本作品では、標識などに描かれているピクトさんの目撃写真を集め、転倒系、感電系、労働系など10個に分類。写真がメインの面白い本なので読みやすくなっています。

作者の考察文や写真の鑑賞ポイントなどもあり、研究書としての役割を担っています。この本を読めば、身の回りで見かけたピクトさんを自分で分析できるようになるかも。

DSCN0600.JPG

紹介本:『ピクトさんの本』
     内海 慶一 727/U96
紹介者: M.H 
posted by KLC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年11月12日

ブロリレ★2018J


「死ぬな、殺すな」
軍人である佐久間中尉はD機関と呼ばれるスパイ養成所に派遣された。

そこで掲げられている絶対理念は潔く死ねと教えられた佐久間にとって相容れないものだった・・・

しかしD機関で生活していく中で「天皇は神であり軍人は上の考えに従うべし」と
教えられてきた佐久間の中に疑問がうまれていく。

世界中を暗躍していくスパイたち・・かれらは理想でも信念でもなく
自らのプライドのみを持って日本へと情報を持ち帰る。
誰にも気づかれることなく・・・

とってもcoolなスパイstory!!アクションも逃走劇もないのに
思わず「かっこいい!!」と言ってしまう作品です!!!!

紹介本:JOKER GAME  柳広司/著 913.6 y52 KADOKAWA書店
紹介者:あかつき

DSCN0569[1].JPG
posted by KLC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年11月08日

ブロリレ★2018I


流行は繰り返されるもので
現代のファッションは「レトロ」が密かなブームとなりつつあります◎

カラフルでポップな色合いのワンピース
くるんとカールしたヘアに鮮やかなベレー帽やカチューシャなどなど……

現代のファッションに取り入れられる
テクニックや着こなしが発見できる一冊です★

手持ちの服の着こなしに迷っている方
周りとひと味違うコーディネートを楽しんでみたい方におすすめの一冊です◎

どのページも可愛らしいので
ペラペラと眺めているだけでも楽しいですよ(^o^)★

紹介本:60s FASHION STYLE : パイ インターナショナル 593.3/P15
紹介者:ma

DSCN0566[1].JPG

posted by KLC at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年11月07日

ブロリレ★2018H

「うちの家庭って崩壊してるのかな?」
「どうして? 恐ろしくいい家庭だと思うけど」
「父さんが父さんを辞めて、母さんは家を出て別に生活してる」
「でも、みんなで朝ご飯を食べ、父さんは父さんという立場に
こだわらず子どもたちを見守り、母さんは離れていても子どもたちを
愛している。完璧」    ーーー本文より

放棄。家出。崩壊。自殺。体調不良。情緒不安定。
名前だけ見ると鋭利な刃物のような出来事が主人公・佐和子の周りには
取り巻いています。
それでもこの日常は終始温かく、静かで、どこかユーモラスです。
家族が家族を尊重し合って生きていく。
だからこそ佐和子は給食で出る大嫌いな鯖に辟易でき、兄の直ちゃんは
3ヶ月に一回失恋して、母さんは蕎麦と生クリームを和えるし、父さんは
役職をぐるぐるします。
人とのつながりは家族だけではありません。
佐和子を含め、彼らの関わりは吉と出るのか、凶と出るのか。
みんなはどこに向かっていくのか?
ラストまで目が離せない一冊です。

紹介本:『幸福な食卓』
     瀬尾まいこ 913.6/Se76
紹介者: 赤 

DSCN0531[1].JPG
posted by KLC at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年11月06日

ブロリレ★2018G

こんにちは。
今回私が紹介するのは、
香月日輪さんの『妖怪アパートの幽雅な日常』です。

 『寿荘』―別名『妖怪アパート』
  住人は霊能力者や古本屋さんなど少し不思議な’人間’と’幽霊や妖怪’達
  そんなアパートで暮らすことになった主人公は、
  初めは戸惑いつつ、様々な経験を通して成長していく―。

  ほんの少しだけ立ち止まって”大人”の言葉に耳を傾けてみませんか?

DSCN0521.JPG

この本はシリーズで、短編集のような形になっているのでとても読みやすくなっています。
心にしみる言葉がたくさんあるので、自分が好きなものを探すのも楽しいかもしれません。

紹介本:『妖怪アパートの幽雅な日常』
     香月日輪 913.6/Ko99
紹介者:蒼空
posted by KLC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年11月02日

ブロリレ★2018F

こんにちは。
ブロリレということで、今回私が紹介する本は、平安時代中期に書かれた、作者は不明(!)訳注:室城秀之の「落窪物語」(上下)です。

この本は、「日本最古のシンデレラストーリー」と呼ばれる「落窪物語」を文庫版にした上で原文の後に口語訳を載せてある本なので、「古文はちょっとニガテだなぁ><」な人にもお勧めできる本です。

ヨーロッパの「シンデレラ」とはちょっと違うので、(特に貴公子のセコムっぷりと行動力)その違いを楽しんで欲しい・・・そんな本です。

紹介本:新版「落窪物語」上下 現代語訳付き 訳注 室城秀之 角川ソフィア文庫 913.35/Mu74/上下
紹介者:ピクにんじん

DSCN0515.JPG
posted by KLC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年11月01日

階段踊り場ギャラリー

今年の金曜講演会のテーマは
 海外生活を通してみた異文化−
です。講演会ではインド・インドネシア・フィリピンをテーマにしているので、
今回の展示はアジアの国々の文化についての本を中心に集めました。
世界の文化に触れることができるような、そんな展示になってなっています!

DSCN0529.JPG


個人的なおすすめは「インドネシアのごはん」という絵本なのですが、
『絵本世界の食事』というシリーズで他にも様々な国の食文化に触れることができます。
絵本になっていて読みやすいので、ぜひ手に取ってみてください!

踊り場展示.jpg

展示は日文1年のアシタカと蒼空が担当しました。
posted by KLC at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年10月31日

ブロリレ★2018E

こんにちは。
ブロリレということで、今回私が紹介する本は
三浦しをんさんの『しをんのしおり』です。
「漫画の王国」に生まれた小説家(三浦しをん)の乙女な日常生活...
著者の日常にあふれる好奇心や妄想、仲間たちとの愉快な日々がたくさん詰まったエッセイです。

私は、読むスピードが遅い方なのですが...このエッセイは他の本よりも薄く、1つ1つが短いので、とても読みやすかったです。なによりどこから読んでも面白いので、是非読んでみて下さい!!

DSCN0514.JPG

紹介本:『しをんのしおり』
    三浦しをん 914.6/Mi67
紹介者:SN
posted by KLC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年10月29日

ブロリレ★2018D

こんにちは〜!

私が今回紹介する本は
「面白すぎて眠れない経済学イラスト図鑑」です。

物語系を紹介するか迷ったのですが、直近で私が読んだ本だったので・・・
文字数が多い本を読めない方におすすめです(笑)
経済学にもたくさん種類があるのですが、
心理学のようなことからアベノミクスまで・・・
暇つぶしにちょこっと読んでみませんか!
へえ〜〜!と感心することがたくさん詰まっていますよ(o^-')b

そろそろ寒くなってきましたね!
ところでみなさんはインフルエンザの予防接種は受けますか・・・?
もしかして毎年受けてますか・・・?!?!
気になる方はぜひ本のページをめくってみてくださいね^^

DSCN0513.JPG

紹介本:『面白すぎて眠れない経済学イラスト図鑑』トキオ・ナレッジ 331/To33
紹介者:M.N

posted by KLC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー

2018年10月23日

ブロリレ★2018C

こんにちは。
ブロリレということで、今回私が紹介する本は岡崎琢磨さんの
『珈琲店タレーランの事件簿 -また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を-』です。

舞台は京都。小路の一角にひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。偶然店に入った珈琲好きの主人公は、女性バリスタ・切間美星と出会う。彼女の趣味は…謎解き!?

思わず珈琲が飲みたくなる、そんな一冊です。この本はシリーズとなっているので、話の展開を予想しながら、是非読んでみて下さい!

紹介本:『珈琲店タレーランの事件簿 -また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を-』
    岡崎琢磨 913.6/O 48
紹介者:アシタカ

DSCN0511[1].JPG

posted by KLC at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | KLCメンバー